伝説のアルバイター森が教えるお勧めバイト – 第1回居酒屋バイト編

更新日:2017/3/7 21:03 アルバイト
初めてのバイトは居酒屋でした

大学生の皆さん、アルバイトは決まりましたか? 大学生となると飲み会に行くようになったりサークルの合宿であったり、友達との付き合いもあるしオシャレもしなきゃいけないし彼女が出来たら奢んなきゃ行けないし 大学生の大半は「金が

大学生の皆さん、アルバイトは決まりましたか?
大学生となると飲み会に行くようになったりサークルの合宿であったり、友達との付き合いもあるしオシャレもしなきゃいけないし彼女が出来たら奢んなきゃ行けないし
大学生の大半は「金がねえ〜」が口癖なんじゃないでしょうか?

改めて自己紹介をさせて頂きます、大学生のうちに世界一周をしてきた森と言います。
高校-大学4年間(今まで貯めてきたお年玉などもありますが笑)で約200万円を貯めて実費で世界一周をしてまいりました。
お金を貯める上で沢山のアルバイトを経験してきたので、今アルバイトを探している人にも是非参考にしてもらいたいと言う気持ちで私のバイト経験談を紹介していきます。

とにかく金がほしい

題して伝説の旅人・森のアルバイター見聞録。シリーズ第1回目は私が初めて経験したアルバイト居酒屋です。

初めてのアルバイト、居酒屋でした。

大学が決まった高校3年生の冬、時間があった私はバイトを探す事にしました。
駅などに置いてあるタウンワークやanなどのバイト情報誌を授業中に読み漁り、決めたのが居酒屋でした。
初めてのバイトは居酒屋でした

理由は3つ、ありました。

居酒屋と言うと大変そう、酒臭そう、ブラック、と嫌なイメージが多いかもしれません。
ブラックで有名な居酒屋さんもニュースなどでよく出てきますよね。
高校生だった私が20歳以上の未知の世界に飛び込む事に両親も反対しました。「近くの本屋とかコンビニとかにしておきなさい」と。
それでも居酒屋に決めた理由が3つ、ありました。

時給が良い

バイトを始める理由は当然の如く、お金を稼ぐ事。時給を一番に考えてアルバイトを探しました。
高校生という働きにくい環境の中、「時給がよくて働ける」と言う条件は居酒屋くらいだった、と言う理由というよりは消去法でした。笑
ちなみに私の時給は渋谷の居酒屋で高校生で1000円スタート、研修で仕事を覚え1100円、仕事に慣れていって1150円と順調に上がって行きました。
もちろん深夜22時以降は25%アップです。居酒屋は17時オープンなので17時から高校生で22時まで、大学生になって24時まで働くと1日1万円弱は稼げていました

大人の世界に憧れた

居酒屋で働けば仲間が出来る!
高校3年生で大学が決まって早く大学生になりたいと大学生に憧れていた私は、「大学生と言えば居酒屋っしょ」と安易に考えていました。
求人情報誌にも居酒屋の求人に「大学生の仲間が出来る!」「大学生歓迎!」と書かれていたのを見てまんまと乗せられました笑。
実際に入ってみるとアルバイトの人は大学生が多く、まだ高校生だった私は全員が先輩で、全員が大人に見えて自分も大人の仲間入りだ、とちょっと大きくなった気がしました。
一番後輩だったのもあり、また同じ大学の先輩もいたので仲良く可愛がってもらい、バイトだけでなくプライベートでも遊びに連れて行ってもらうようになり、大学以外でのコミュニティも出来て楽しい居酒屋バイトを経験する事が出来ました。

まかない、飲み会が安い!


お金を貯める事、そして大学生になる事を見据えていた私は迷いなく居酒屋を選びました。
それは夕食代が掛からない!一人暮らしの大学生のアルバイトにとっては結構重要な点ではないでしょうか?
自炊はめんどくさいし外食ばっかりだとお金も掛かる、そこで居酒屋のまかないです。居酒屋はメニューも豊富。正直に言うとご飯を食べにバイトに行っていたと言っても過言ではないかもしれません。

そして居酒屋のみんなで飲み会をする時はお店。店を閉めた後、居酒屋にあるお酒を飲んだりしていたのでお金は普通の飲み会よりも安い!
更には自分が働いているお店なので、大学で出逢った友達に「俺居酒屋で働いてるからちょっと安く出来るよ〜」と友達になるきっかけにもなりました。
先見の明があるでしょう?笑

失敗しない居酒屋の選び方

その居酒屋で本当に大丈夫?
居酒屋の良いところばかりあげましたが、居酒屋には悪いところも多いです。
やっぱり忙しい時は忙しくて大変だし、最後は店長とウマが合わずに辞めました。みんなで力を合わせてやるからこそ人間関係が面倒臭い事もありました。笑
私は、良い職場だったのですが、別の居酒屋で働いていた友人はブラックできつかったと言っていました。やはり居酒屋には当たり外れがあります。
せっかく居酒屋で働くのなら、きつい事があったとしても楽しく働きたい!そんなここまでお付き合い頂いたあなたにだけに、アルバイト先での居酒屋の選び方をお教えします。

大手はダメ

良く名前を聞くような、大手の居酒屋はダメです。
大手の居酒屋では店長、副店長以外にも社員がいて厳しい目で見られたり、規則が厳しかったりとあまりお勧めしません。
また、有名な居酒屋と言う事でお客さんも多く忙しい時が多いです。ゆとりの私は楽して稼ぎたかったのです。笑

時給で選ぶのダメ、絶対

散々時給で選んできた、と言ってきたのに、なんだお前と思う方も多いと思いますが、これは結構重要です。
私は時給1000円スタート、高校生から考えると高い時給ですが、渋谷の居酒屋と言う事を考えると安い方でした。
時給1200円スタートや1500円スタートと言う居酒屋も探せばあります。でも、何故時給が高いかと言う事を考えると、忙しいからです。
なんだかんだ本業は大学生、疲れすぎて次の日の授業をサボってしまうという事を懸念した私は時給はそこまで高くない居酒屋を選びました。

高すぎるのには罠がある。

一回店に行ってみよう

楽しく働くためには店の雰囲気はすごく大事です。その店の雰囲気を知るにはまずお客さんとして行ってしまいましょう。
大丈夫です、沢山の人がくる居酒屋のお客さんの中の1人、店員さんは顔を覚えていません。安心してください。笑
お店に行った中で店の雰囲気や店員さん同士の雰囲気、店長さんなどを見てみるのがお勧めです。

店長を面接しろ!

逆面接しよう!
私は店長とウマが合わずに辞めました。もともとあまり合わないと思っていましたが、それでも続けられたのが副店長がめちゃめちゃ良い人だったからでした。
その副店長さんが別店舗に異動となり、私はバイトがつまらなくなり無気力になり辞めて行きました。笑
その副店長さんとは面接で初めて会ったのですが、面接などの話は一切せずくだらない話で30分過ごし、そのあと「まかない食ってく?」と誘ってくれたのでした。
副店長さんとは個人的に遊びに行ったり変な遊びを教えてもらったりと最後まで仲良くしてくださって辞めたあとも仲良くして頂いています。もし面接相手が店長だったらバイトをしていなかったかもしれません。笑 

面接では面接される身ですが、相手は社員や店長さん。自分が働くことになったら上司になる人です。どんな人かを自分自身で見極めるのが重要です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
居酒屋バイト、キッチンで働けば自分で料理もできるようになッたり、ホールでは酔っ払いめんどくさいけど絡んでくれて楽しかったり、良い人たちと出会えたりと自分の中では大事な一部だったと思います。
大学生はまず居酒屋バイト!お金を稼ぐために是非経験してみてください。

モリ

世界一周しました!資金は鉄筋工で貯めました!人生最後の自由な時間を充実させる情報を紹介します!