大学入学式でいきなりハブられて失敗した私が大学生に教えたい4つの事

更新日:2017/3/7 21:21 勉強,遊び/飲み
大学入学式でしくじる私

春が訪れるに連れ新しい年度が始まりフレッシュな気分になりますが、社会人になるとそういったピリオドや区切りが無くなり年々感情がなくなっていくのをヒシヒシと感じています。どうもヨネケンです。 春には大学入学、進級、そして卒業

春が訪れるに連れ新しい年度が始まりフレッシュな気分になりますが、社会人になるとそういったピリオドや区切りが無くなり年々感情がなくなっていくのをヒシヒシと感じています。どうもヨネケンです。

春には大学入学、進級、そして卒業・入社と新しい季節がやってきます。学年が変わるのはさして変わりはないものの大学入学はガラッと環境が変わり不安を覚える人も多いはず。
私もそのうちの1人で、不安が空回りし入学時にしくじりをおかしてしまいました。
今日は私が入学時におかしたしくじりを皆さんの失敗しないための教訓にして頂きたいと思い筆を取りました。

これから入学する人、ご覧ください。

大学入学式でしくじる私

しくじりその1 イキってハブられる

何を隠そう私ヨネケンは大学ではほとんど友達ができず、いわゆるハブられていた存在でした。その第一歩が入学式で粋がった事でした。

山口県から上京してきた私は周りに友達もおらず不安一杯。高校時代では友人関係で悩んだ事が多々ありました。田舎な事もあり、私が弱気な性格なためいじられていた、というよりかはどちらかというといじめられていた高校生活を送っていました。
その為、そんな高校時代とはおさらばだと強い気持ちで上京してしまい、それが私の最初のしくじりとなりました。
イキってハブられる私
自分がいじめられていた過去を知る人がいない、ということからもういじめられたくないという思いから強気に出てしまいハブられてしまいました。
今、多くのいじめ問題が取り沙汰されていますが、いじめる方いじめられる方、どちらか悪いのかは分かりません。どちらも悪いのかもしれません。でもいじめられていたからといって人に強く当たるのは大きな間違いです。

入学式当初で失敗したしくじりから学んだ教訓はこれ。

人に優しくあれ

しくじりその2 早くから友達を作っていたが為にハブられる

大学に入る前に、交流パーティーと称してイベントが開かれるのはどの大学でもよくある事です。
特に最近ではSNSなどから勧誘があったりコミュニティやグループラインのようなものに誘われて事前に仲良くなろう!と食事会が行われるなど、比較的どこの大学でもよくある事のようです。

自分はTwitterで勧誘され、イベントに参加しました。適当なパーティールームを貸し切ってよく分からない音楽が流れた場所で適当にグループ分けされた数人で適当に会話するという適当な内容のイベントでしたwそれでも上京してきた自分は、知り合いができたと安心しきっていました。

その安心が「入学式のイキり」に繋がる訳です。「俺別に知り合いいるし」「もう友達出来たしもういらねーわw」なんて思う訳です。
入学式はイベントで出会った数人で固まっていたのですが、そうすると先輩たちもサークルの勧誘もしにくいようで、周りの人と比べると全然勧誘されませんでした。
結局サークル選びにも失敗。イベントで出会った知り合いとは2,3年生になると「おは友」程度の関係に。最終的には会ってもほぼ会話なしのような関係性に。

上京して不安だった自分は入学前の大学イベントに参加し安心感を得ました。しかしそのために群れてしまいイキってしまい、はぶられていく事になって行く訳です。
このしくじりから学んだ事それは
怯える子犬であれ
入学式は捨てられた子犬のように怯えて臨め

しくじりその3 新歓には気をつけろ!

入学式の後は新入生歓迎会・コンパが行われます。新歓コンパはサークルや部活によっては派手に行われる事もあります。私の入ったサークルは少しチャラめのサークルだったため、新歓コンパも周りと比べて派手めだったと思います。そこで私は案の定、調子に乗ってしまいました。
先輩の頭を叩いて突っ込んだり、タメ口をきいたり、今思い返すと恐ろしいです。
周りの人に迷惑をかけ、当然先輩方には嫌われて、要注意人物扱いとなってしまい、肩身が狭い思いをしました。もちろん自分でも初めての事でまさかこうなるとは思っておらず、先輩方も多目に見てくれましたが、新歓コンパはやはり怖いもの。気をつけておいて損はないです。

飲んでも呑まれるな
呑んでも飲まれるな!

しくじりその4 嘘つきはハブられる

入学式からは少しずれてしまいますが私の入れたサークルはオーラン、いわゆるオールラウンドサークルというやつでテニスやフットサルやら飲み会やら適当にみんなでワイワイするというようなサークルでした。高校時代にハブられていた自分でしたが、なんとかサークルに入れて、大学生活を楽しんでいました。
しかし、楽しくなってくると同時に調子に乗ってしまうのでした。

自分の過去を誰も知らないことをいい事に、ちょっと見栄を張った嘘をついたり、みんなに好かれようと小さな嘘をついたりしてしまっていました。
例えば
「高校時代に二人と付き合ったけど上京するから別れた(年齢=童貞)」
「(実家が山口だったので)今度うちの地元来いよー実家でたらふくふぐ食わしてやるよー(家が貧乏なので食わしてあげられる訳がなかった)」
など、しょーもない嘘ばかりついていました。

ハブられて嫌われる
そんな嘘、いつかバレてしまうものです。特に童貞はすぐバレます。「童貞」とカミングアウトした場合のほうが話のネタにもなるし、童貞だったから彼女が出来た友人もいます。
小さい嘘を積み重ねると人からは信用されなくなり、人が離れていきます。ハブられるのです。

そこで私が学んだことはこちらです。

ちっちゃい嘘はすぐバレる。
嘘はつかないに限ります。

まとめ

大学生になる時は誰でも不安なものです。そしてみんなそれぞれ色んな過去を抱えているものです。自分だけではありません。決してイキらず自然体で入学式に臨みましょう。大学生活ではきっとイッショウモノの友達が出来るはず!

米山

俺様がヨンネンだよぉ!よろしくなぁ!うぇーい!!!