快適な大学生活を送りたい!一人暮らしをする時に気をつけること。

更新日:2017/3/7 20:36 一人暮らし/生活

充実した大学生活、そして快適な大学生活を送るために、気をつけるべきことをまとめたので、これから一人暮らしをする人や、今の一人暮らしに満足していない人は参考にしてください。

地方から上京してきたり、自立するためなどの理由で、大学生になって初めて親元を離れて一人暮らしをする人も多いのではないでしょうか。

新しい生活を考えると期待と不安で胸がいっぱいだと思います。充実した大学生活、そして快適な大学生活を送るために、気をつけるべきことをまとめたので、これから一人暮らしをする人や、今の一人暮らしに満足していない人は参考にしてください。

1.家選びは慎重に!!

1-1.学校から近すぎると痛い目にあう!

一人暮らしする家を調べる時にまずは学校から近い場所を探すと思います。たしかに学校に近いほうが通学が楽ですし便利です。でもこの便利さが仇となることが非常に多いので注意が必要です!

学校から近いと友達のたまり場になることが多いです!

自分の授業がなくて家でゆっくりしていたら突然友達から電話が。出てみると、次のコマがないから家でゆっくりしてもいい?という内容。ゆっくり一人で過ごしたいのに断ることができずに友達が上がり込んでくることがあります。しかも、自分の授業があって家を出たいのに、友達は俺まだ授業ないから出たくない。という図々しいやつまで現れるかもしれません。

また、終電をなくしたやつがやってくることもしょっちゅうあります。しかもそういうやつはたいてい飲み会のあとに来るので酔っていて面倒くさいです。
夜遅くに騒いで近隣問題に繋がったり、寝不足になったり、とにかくストレスがたまるので、学校の近くは避けたほうがよいでしょう。

1-2.最寄り駅からは近すぎず、遠すぎずがよい

さて学校の近くに住むのはやめたとして、学校からアクセスのよい駅を選ぶことにしました。そこで問題となるのが最寄り駅から近いほうがいいのか、遠いほうがいいのかということ。

もちろん最寄り駅から近いほうが良いのですが、近ければ近いほど家賃は高くなります。親が出してくれるのであれば話は別ですが、自分で家賃を払うのであれば駅近は厳しいと思います。
お金に苦労する大学生活ですので、なるべく固定費(家賃)は低く抑えましょう。

そして最寄り駅に近すぎると、これまた友達が転がり込んでくる可能性が高くなります。
少し学校から離れた駅でも、徒歩1,2分の家に住んでいると友達はやってくるのです(笑)

ただし駅から遠すぎるのはやめましょう。
徒歩15分を超えてくると、通学するのが面倒になり、いつしか学校をサボるようになります。
もちろんこの部分は個人の理性でどうにかできますが、自制心のない人達は軒並みサボるようになります。また飲んだ日などに雨が降っていると駅から歩くのが億劫になりタクシーに乗ってしまうなんてこともあります。これではせっかく安い家賃の場所を選んでもそれ以上の出費をすることになってしまいます。

最寄り駅からは近すぎず、遠すぎずの場所を選ぶのがベストです!

1-3.コンビニ/スーパーが近くにあるか

これは大学生の一人暮らしに限ったことではありませんが、コンビニとスーパーは近いほうが絶対にいいです!
できればスーパーが近いのがベストです。安い食材やお惣菜を手に入れることができるので、初めての一人暮らしで料理経験がない人には救世主のような存在です。
ただし後述しますがコンビニ弁当に頼りすぎると、不健康なので注意が必要です!

1-4.家の設備は事前に入念な確認を!

快適な一人暮らしをするために内見の際にはしっかりと家中をチェックするようにしましょう。もちろん内見の大切さはみなさんも知っていると思いますので、今回は内見のときに意外と見落としがちなチェックポイントをいくつかご紹介します。

また、地方に住んでいて内見ができない場合は仕方ないですが、得られる情報(部屋の間取りや写真など)から可能な限りチェックするようにしましょう。

まずは「壁の厚さ」です。これマジで重要です!自分はそんな友達呼んでバカ騒ぎしないし大丈夫!なんて考えは捨てて下さい。
たとえ自分が騒がなくても隣人が騒ぐ人なら快適な一人暮らしをすることができません。壁の厚さはマジで重要です!また大きな道路と面している家の場合は、窓を開けた時のうるささもチェックしておいたほうが良いです。暑い日に窓を開けたいのにうるさくて開けられない。なんてことがないように事前に確認しておくべきです!

次に「キッチン周りが広いか」です。キッチン周りの環境は自炊をするときのモチベーションに直結してきます。いくら自炊する気があっても、キッチンが狭くて作業しにくいと次第にやる気がなくなっていきます。また友達がきて鍋パ(お鍋パーティー)しようってなった時に、キッチンが狭いと作業がはかどりません。キッチン周りはしっかりとチェックするようにしましょう。

最後は「洋服を乾燥させる場所」です。今まで親にやってもらっていた家事洗濯は非常にめんどくさい作業です。親のありがたみを感じる瞬間でもありますが、なるべく簡単に済ませたいですよね。
洗濯機を置く場所はみんな確認するのですが、案外見落としがちなのが洗濯物を乾かす場所です。洗濯乾燥機を置くスペースがあるのか、浴室乾燥機がついているのか、ベランダに干せるスペースがあるのか、雨の日は部屋干しできるスペースがあるのか。などなど乾燥させる場所について確認しておいたほうが良いです。
正直寒い日に外に出て洗濯物を乾かすのは億劫になります。梅雨の時期で外干しできないし、部屋の中に干すスペースがなくて洗濯物が溜まっていく。なんてことにならないように事前に確認しておきましょう。

その他、トイレと風呂は別がいい、2階以上がいい、角部屋がいい、築浅な物件がいい。などなど、人によって譲れる部分、譲れない部分があると思うので、予算と相談しながら失敗のない家選びをして下さい。

2.一人暮らしは健康に気を遣って!

2-1.食について

今までは親が作ってくれたご飯を食べていたと思います。健康のことを考えて栄養バランスの摂れた食事を出してくれていたと思いますが、一人暮らしになると自分で食事を用意するしかありません。

自炊することなく、毎日コンビニ弁当や外食で済ませている人は注意が必要です。正直言って栄養バランスの摂れた食事が摂れていないと思います。またコンビニや外食を続けているとお財布にも優しくありません。お金を節約するためにカップ麺で済ませたり、断食するのはもっと不健康になるのでやめてくださいね。
たまにならコンビニ弁当や外食でも良いのですが、なるべく自炊をする習慣をつけましょう。

2-2.運動について

健康を維持するには運動も大切です!高校までは部活動をしていた人も、大学生になってから運動をしなくなったり、お酒を飲むようになったりと、健康を維持するために自主的に運動をする必要があります。

まず初めての一人暮らしの場合は器具を買ったりジムに通ったりせずに、自宅でできる筋トレや近所を走るランニングからはじめることをオススメします。

一人暮らしで器具を買うと居住スペースが狭くなって快適に過ごすことができなくなるし、器具を買うのにもお金がかかります。またジムに通うのも続く人であればいいのですが、大学生には大きな出費となるので、まずはお金のかからない筋トレやランニングからはじめるようにしてください。

3.一人暮らしを充実させるアイテム

3-1.電気ケトル

大学生の一人暮らしで必須なのが「電気ケトル」です。友達がきてカップ麺を食べる時、インスタントのコーヒーで一息つくとき、毎日の食事に即席の味噌汁をプラスするときなど、電気ケトルは大活躍します。価格もいまは安いものが出ているので、1つ買っておくことをオススメします。

3-2.電気毛布

冬場に活躍するのが「電気毛布」です。エアコンを使っても良いのですが、電気代が高くなったり、空気が乾燥したりと、エアコンにはデメリットもあります。
そこまで大きな部屋ではない一人暮らしでは、自分の周りだけ暖かくなれば十分です。
寝る時に布団の下に電気毛布を敷くだけでヌクヌク快適な睡眠を手に入れることができますし、電気代も安いのでお財布に優しい存在です!

3-3.テレビ関連

みんなで部屋に集まることの多い大学生にはテレビは必須かもしれません。みんなでバラエティ番組を見たり、ゲームをしたり、スポーツ観戦をしたりする機会も多いと思います。
その時に小さなテレビだとみんなで楽しめないこともあるので、あくまで部屋のサイズを鑑みてですが、できるだけ大きなテレビを買ったほうが充実した生活ができると思います。
今では大きなテレビも安価になってきていますので、迷ったら大きめのサイズを買うようにした方がいいかもしれません。

またchromecastをご存知ですか?chromecastがあればPCの画面をテレビに映せたり、Huluなどの動画視聴アプリをスマホからテレビに映すことができます。
家でゆっくり映画を楽しみたいときなどに活躍するので、chromecastを買っておくと一人暮らしが充実します。

3-4.みんなで遊べるボードゲーム

みんなでお泊りするときに活躍するボードゲーム。定番の「トランプ」をはじめ、今では「モノポリー」や「カタン」など、おしゃべりを楽しみながら遊べるボードゲームがたくさん出ています。1つ家にあるだけで楽しい時間を過ごすことができるので、みんなで遊べるボードゲームがあると良いでしょう。ただし、楽しすぎるとみんなが居座る可能性が高くなるので、そこは注意してくださいね(笑)

4.さいごに

これから一人暮らしをする人も、最初の一人暮らしで失敗して引っ越しを考えている人も、この記事を参考にして、充実した大学生活を送って下さいね!

モリ

世界一周しました!資金は鉄筋工で貯めました!人生最後の自由な時間を充実させる情報を紹介します!