【防犯】安全に過ごすために、女子大生が洗濯をする時に注意すべきこと。

更新日:2017/3/30 20:57 一人暮らし/生活

一人暮らしの女子大生が洗濯をする時に気をつけるべきことをご紹介します!!

憧れの一人暮らしを始めた大学生諸君!でも、いざ一人暮らしをすると、親からの開放感がある一方、寂しさも感じているのではないでしょうか?
寂しさだけならまだ我慢できるけど、女子大生が一人暮らしすると、時に恐怖を感じることがありますよね。

実際に私はありました・・・
駅からの帰り道に誰かが後ろを付いてきているような気がしたり、干していた下着が一枚無くなっているような気がしたり。

結局私は引っ越しをしてこの恐怖からおさらばしたのですが、後から調べてみるとストーカーなどの犯罪者は洗濯物を見て一人暮らしかどうかを判断していることが多いみたいなんです。

大学生になって初めての一人暮らしをすると、今まで親がやってくれていた家事・洗濯を全部自分でやる必要がある上に、犯罪に巻き込まれないように注意する必要があります。自分の身は自分で守らなきゃ!

ってことで、一人暮らしの女子大生が洗濯をする時に気をつけるべきことをご紹介します!!

実は防犯は家選びからはじまっている

治安は良い?実際に街を歩いて確認しよう!

治安が悪いところにはどうしても犯罪がつきもの。一人暮らしをする場所を選ぶときには実際に街を歩いて確認してみることをオススメします!とくに最寄り駅の第一印象はとっても大事!最寄り駅のまわりに怪しいキャッチが多かったり、ちょっと怖そうな車が停まっていたり、とにかく第一印象で怖いなって感じた場合は、再検討してくださいね。
あとは駅から家までの道も実際に歩いてみるといいでしょう。可能であれば夜遅い時間に歩いてみて下さい!24時間のスーパーやコンビニがあると安心できますし、人通りが多ければそこまで怖くないはずです。一方、街灯が少なくて暗かったり、人通りの少ない小さな道を通ることになるならちょっと怖いなって感じるでしょう。お昼と夜では雰囲気が違うことがあるので注意してくださいね。

部屋は何階にあるのか

やはり下着ドロボーの犯罪にあいやすいのは1階の部屋です。逆に3階以上になるとドロボーも危険だし見つかった時に逃げるのも難しいので諦めることが多いはずです。また1階の部屋だと、下着ドロボーだけでなく、さまざまな犯罪に巻き込まれやすくなるので、女子大生の一人暮らしはなるべく避けたほうがよいでしょう。

外から洗濯物が見えるか確認しよう

実際に道路に出てみて、洗濯物を干した時に見えるかどうか確認しておきましょう。犯罪者は洗濯物をみて一人暮らしかどうか、女性かどうか、在宅しているかどうか。などを確認しています。
内見のときは部屋の中を重点的に見てしまいがちですが、外からもしっかり見るようにしましょう。

浴室乾燥機がついているのか

外に洗濯物を干さなければ、下着ドロボーの対象になることもありません。ただし浴室乾燥機が付いているお部屋は、ちょっと家賃も高くなりますよね。ここは自分のなかで優先順位を決めるしかありませんが、ちょっとの上乗せ家賃で安心安全を買うかどうかはあなた次第です。あと、浴室乾燥機があるとめちゃくちゃ便利ですよ(笑)

乾燥機付きの洗濯機を置けるか

浴室乾燥機は現実的じゃないとして、最近だと一人暮らし用の乾燥機付き洗濯機も出ています。でも、いわゆる一人暮らし用のマンションは洗濯機を置けるスペースが狭いことが多いです。もし乾燥機付き洗濯機を考えているなら、サイズ的に置けるかどうかの確認をしっかりとしておきましょう。

近くにコインランドリーがあるか

雨が降っていて外に干せない。防犯上外に干すことができない。浴室乾燥機も付いていない。乾燥機付き洗濯機もおけない。梅雨の時期で部屋干ししても乾かない。でも、今日中に洗濯して乾かさないと明日着る服がない。
なんて絶望的な状況になった時に活躍するのがコインランドリーです。でもコインランドリーを往復するのって面倒だし、こういう状況のときって雨が降っていることが多くて大変なんですよね。そんなときに近くにコインランドリーがあると便利ですよ。普段はあまり使う機会がないと思うので優先度は下がりますが、念のため確認しておくと良いでしょう。

部屋干しするなら洗剤に気をつけよう

防犯上の理由から部屋干しをすることになったらいくつか気をつけることがあります。それはニオイ!!
部屋干しするとどうしても生乾きの嫌〜なニオイが出ちゃうんです。防犯するのも大事ですが、女子大生にとってフローラルな素敵な香りを身にまとうのも大事ですよね?
最近だと部屋干し用の洗剤もたくさん出ているので、もし部屋干しをするなら部屋干し専用の洗剤を使ってみて下さい!
あとは一気にたくさん干すと乾きが悪くなるので、面倒ですがこまめに洗濯することをオススメします!
そして梅雨の時期など洗濯ができず溜まってしまった場合は、コインランドリーを利用することをオススメします!

男性物の下着を一緒に干す

ちょっと抵抗のある人もいるかもしれませんが、外に干す時に男性物の下着を一緒に干すと、「この家は男性も住んでいるのか」と犯罪を抑制する効果があります。
自分が使わないのにわざわざお金を払ってまで買うのは嫌だよ。って人もいると思いますが、男性の下着は100均でも売ってます!どこまで効果があるかわからないけど数百円の出費で少しでも犯罪を抑制できるなら安いと思いませんか?
自分でお店で買うのに抵抗がある人は、ネットを利用して買うのがオススメです。

防犯カメラを設置する

防犯カメラがあれば下着ドロボーも躊躇するはずです!最近だと安価なものも出てきているので、もし心配なら設置すると良いでしょう。
私は防犯のプロではないので詳しくはわかりませんが、最近出てきている小型の防犯カメラよりも、ひと目見てカメラで撮影してるよっていうのがわかる大きめの防犯カメラの方がいいと思います。あとは近づくと明りが付くようなタイプもドロボーが嫌がるはずなのでオススメですよ!!

その他、洗濯する時の注意点

最低限の洗濯表示を覚えておこう(最近変わったよ)

今までは親が洗濯をしてくれていたのであまり気にすることのなかった洗濯表示。でも一人暮らしになると洗濯表示を見て正しく洗濯する必要があります。しっかりと表示どおりに洗濯しないと、「お気に入りのセーターが縮んで着れなくなった」「色落ちしちゃって捨てる羽目に」なんてことがあります。
小学校の家庭科の授業で洗濯表示について学んだから大丈夫だよって思っているあなた。実は平成28年12月1日から洗濯表示が変わったってご存知ですか?もちろん今までよりもわかりやすく改定されているので、初見でもなんとなく意味がわかると思いますが、ざっとで良いので、どの表示がどんな意味があるのか知っておくといいでしょう。
こちら↓に新しい洗濯表示を載せておくので参考にして下さい。
新しい洗濯表示について(消費者庁)

色落ちしそうなものはわけて洗おう

色落ちしそうな洋服はわけて洗濯するのをオススメします。色落ちしてしまうだけなら被害はその一枚だけで済みますが、他の衣類に色がうつっちゃって全滅。なんてこともあるので、心配ならまずは単体で洗うようにしましょう。それで問題なければ次からは他の衣類と一緒に安心して洗っちゃって下さい!!

白系は化粧とかシミが付いて目立つから気をつけてね

これはもう言うまでもありませんね。白系は汚れが目立ちやすいので注意してくださいね。
一人暮らしで金欠な大学生にとって、洋服はできるだけ長く着たいものです。カレーうどんやパスタを食べるのがわかっている日は暗めの服を着るなどの配慮をするだけで違いますよ。シミが付いちゃった時の対処法についてはおいおい時間があれば紹介したいと思います!!

綿100%はシワになりやすいので注意

これは実際に私が苦労したやつです(笑) 一人暮らしをはじめた当初はアイロンを買っていなかったので、乾かした洋服をそのまま着ていました。でも綿100%の洋服はシワシワになってて・・・
アイロンがあるなら問題ないですが、綿100%はいろいろと手入れがめんどいので注意してくださいね(笑)

脱いだ服をそのまま洗濯機に入れるのはNGだよ

お風呂場で脱いだ洋服をそのまま洗濯機に入れておく。お風呂出て体拭いたタオルをそのまま洗濯機にポーイ。これ一人暮らしだとわりとあるあるだと思います。でもこれはNGなのでやめましょう。洗濯機の中は思っている以上に雑菌が繁殖しています。とくに濡れたタオルそのまま入れておくと雑菌の温床に・・・。衛生的な部分ももちろんですが、くさ〜いニオイも洋服についてしまいます。。。
毎日洗濯機を回すことが少ない一人暮らしの人は、洗濯機に洋服を入れっぱなしにするのはやめるようにしましょう。

さいごに

怖い思いをしなくて済むように、女性で一人暮らしをしている人は洗濯物を干す時は注意しましょうね。
ほんとはこんな面倒なことしなくても安全に暮らせるようになるといいんですけどね・・・

Ichinose

やっほー!旅行と楽しいことが大好きです!